幸福度を高めることは互いに幸せを与えあう「善循環」を生み出すこと

幸福度を高めることは互いに幸せを与えあう「善循環」を生み出すことこんにちは!

あらゆる会社にネットマーケティングを普及させ、日本の幸福度を高めようと企んでいるTAOの寺内です。

あらゆる会社にと言いつつも、私がお手伝いすべき方は、人数が10人以下で小規模な会社を経営され、ネットやマーケティングには疎いという方です。

経営者かそうでないかは特に問いませんが、そういった規模の会社こそネットマーケティングを普及させるべきと考えています。

ところで、ネットに疎いという方に向けてネットでいくら訴えかけても伝わらないのでは、という疑問があると思います。

ズバリ、その通りです。

そういう方はまずネットで仕事関係のことを調べたり、ましてやこのようなブログを見ることはまずないでしょう。

私は同時に実際に、例えば異業種交流会などにも参加して、そういった方達にお会いして、事業の説明をしますが、実はマーケティングに疎いという方は、こういった交流会にも参加されませんし、参加してもご自分は関係ないと思われている方が多いようです。

ですから、正直言いまして、私のこの事業も本当に「必要とされる方」には中々お会いできていません。

これは、他でもよく聞く話ですが、必要なはずの人が案外自分でよくわかっていない、ということです。

ですから、私は広告制作会社に勤めていた以前から、広告に関する提案だけでなく、今何が問題課題になっているのかということをお聞きし、その上で必要だと思うものすべてについてご紹介してきました。

例えば、以前お付き合いがあったお客様の会社では、広告(折込チラシ)でお客様を集めたいというご要望があり打合せをする中で現在の会社の状況を色々とお聞きしたのですが、社員さんの定着率が高く、人の出入りが激しいということをお聞きし、実はそれがお客様離れの原因になっている、つまり安定したサービスが提供できていないのではないかという問題が見えました。

そこで、チラシを作成しつつも、その打合せの際にいつも自分の会社の社員評価、良し悪し以上に感謝を伝える社内イベントであったり、社内のコミュニケーションについてのお話をし、さらには企業研修の会社を紹介もしました。

最初はやはり自分達には関係ないとしていたのですが、打合せの度にその話をするので、そこまで言うならということでセミナーに参加されました。

その後は会社の社員教育に力を入れられ、徐々にですが社員さんの離職率も下がっていき、同時にお客様を集める広告の効果も高まっていきました。

これはとてもうまくいった例えであり、あまり効果がなかった、関係無かったということも当然ありましたが、問題課題というのは色々な要因が絡み合って起こっていることもありますので、自分達が提供する商品・サービスだけで問題解決にはならないということはよくありますから、総合的に考えて提案をしていく必要があるのです。

ですから、ここでネットやマーケティングに疎い方達に向けて書いていても、その周囲にいる方達の目にとまり、その方に紹介してもらえるかもしれないと思って書いています。

恐らくその周囲の方達というのは、ネットやマーケティングについてはキチンと実践されていることと思います。

キチンと実践されている上で「ブログ内蔵型ホームページ」による「ブログSEO」というのに興味を持たれたのであれば、無料診断を受けて頂くだけ、あるいは月1万円というコースで十分問題解決できると思います。

もし、周囲にネットなりマーケティングに疎く、売上も厳しそうだという方がいらっしゃれば、是非このTAOの「ワークページ」をご紹介してあげて下さい。

「そんなことをしても何の得にもならない」と言われるかもしれませんが、ご紹介して頂いたことで日本の幸福度が高まり、それぞれが幸せを与えあおうとする「善循環」が生み出されます。

私はご理解ある皆様のお力を借りてでもこの目的を果たしたいと考えています。

宜しくお願い致します!

 

まずは自社サイトの診断から「WEBサイト無料診断」はこちら

 

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

About the author: tao

Leave a Reply

Your email address will not be published.