広告でお客さんが集まらないわけとは?

広告でお客さんが集まらないわけとは?

広告だけでは人は集まらない

マーケティングをすべての会社、特に規模の小さな、広告予算の乏しい会社に、正しいマーケティングの知識とネットを有効活用してお金のかからない取組み、仕組みを一緒に作っていくことを目的とし、TAO(タオ)はスタートしました。

いきなり広告に対する一般的な見解を覆すようなタイトルでのお話しにしましたが、今まで広告会社に費用をかけてお願いしていたのは何だったの?、と思われるでしょう。

私も以前は広告会社に勤めていた時は、お客さんを集めるために折込チラシや新聞広告、雑誌広告、テレビCMも制作指揮して実施した経験があるわけですが、世の中に出回っている広告の大半は何の効果も出さないまま消え去っています。

広告会社は広告を作ってお客さんを集めましょう、と声をかけてくるかと思いますが、あなたは今までどれくらい広告によってお店に行ったり、モノを買ったことがありましたか?

確かに一度行って気に入ったお店からセールの案内が届いたら、あるいは折込チラシが入っているのを見つけたら、行ってみようと思うかもしれません。

しかしそれはそのお店での良い経験と記憶があるからであり、初めてのことであれば恐らく他の情報を集めようとするのではないでしょうか。

そこで、インターネットが普及した最近は自分で情報を探したり、友達に意見を求めたりといった行動をし、だからこそネットでの取組み、例えばホームページは必要不可欠なもので、高い費用をかけてでも「良い」ホームページを作らないといけない、と訴えかけるホームページ制作会社があります。

いや、ホームページだけではダメで、検索された時に上位に表示されるようにSEO対策しないといけません、といってさらに費用をかけさせようとするところもあります。

これらの会社が言っていることは決して間違っているわけではありませんが、広告と同じで費用をかけないといけない、ということが間違っている、費用をかければお客さんが集まるというわけではないのです。

広告は広く伝えるだけであるので、相手に行動を起こさせるのは非常に困難ですし、ましてや瞬間的な伝え方ではまず無理でしょう。

ホームページや検索での上位表示させるためのSEO対策も、確かにネット上には長く存在し続けてはいますが、お客さんが目にしてくれる可能性が、かけた費用だけで向上するということはあり得ません。

つまり購買動機というのは複雑で、また「良い買い物がしたい」という欲求、裏返していえば「失敗するかもしれない」という不安が常にあり、その不安を色々な方法で解消してあげないといけません。

結論を言うと、伝えるより先に「お客さんの欲求を知り、不安を解消してあげる」ことができればお客さんは集まるということです。

そんなこと当然ことだ、と思われるかもしれませんが、わかっていてもできていない方が多く、安易に高い費用をかけて広告やホームページを作るだけになってしまっているのです。

必要なのは費用をかけず効率よく「お客さんの欲求を知り、不安を解消してあげる」ことであり、これこそがマーケティングの本流なのです。

インターネットを使って、あなた自身の手で取組めば、これまでのような費用はかかりませんし、マーケティングの本流に則ったプログラムを適切なサポートの元で取組めば誰でもできます。

あなたの商品・サービスを待っているお客さんのためにも、ご一緒にこの「自律型」集客プログラムを始めましょう!

 

まずはこちらをどうぞ!

「WEBサイト無料診断」

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

About the author: tao

Leave a Reply

Your email address will not be published.